酵素と温度の関係

酵素を食べ物で摂取し、ヘルシーな身体を維持する場合は、温度に注意です。

これがどういうことかというと、高温になる調理をできるだけしないようにするということ。実は酵素は、熱に弱いものです。料理の際に、「煮る」「焼く」「ゆでる」「蒸す」といった加熱すると、酵素を壊してしまう恐れがあります。

酵素を取り込む場合、その調理法・食べ方は基本的に「ローフード」ということになります。

これは生のものという意味で、例えばジュース、サラダ、お刺身といったものです。

酵素を取り扱っている雑誌の記事などで、生野菜やフルーツをそのまま食べることが推奨されるのは、こういった温度との関係があるからなんですね。

また、発酵食品の場合、甘酒や味噌汁は、他の酵素に比べ多少の高温には耐えられるようになっています。ただ、これは沸騰させてしまうと酵素の効果をきちんと享受できない場合があります。

酵素を扱う場合、その温度には注意をしてください。

現代の食生活、食事から必要充分な酵素を摂るのは難しいものです。生ジュースも、毎日作るとなると大変な手間がかかります。

効率よく、品質の良い酵素を継続的に摂取するには、市販の酵素ドリンクなどをうまく生活に取り入れるのがいいでしょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。