酵素と酵母の違い

酵素に似ている言葉で、酵母があります。酵素飲料や酵母飲料という商品もあり、区別が難しいと思う方も多いのではないでしょうか。

酵素は、体のなかで起こっているさまざまな化学反応を促進(触媒)するたんぱく質です。食べ物の消化や吸収、代謝、排泄なども酵素があるからこそ進行します。

酵母は何かというと、目には見えないくらい小さい生き物です。具体的には、5~10ミクロン(1ミクロンは1ミリの1/1000)の単細胞の微生物で、土、水中、植物の葉・花、果実の表面や哺乳類や鳥類などの皮膚や体内にもいます。酵母という生き物は 酵素という物質を含んでいる物質、ということができます。

酵母を含んだ食べ物を摂取することは、同時に、酵素を摂取していることになるのです。

酵母は糖分を利用してアルコールにする発酵という能力を活かし、酒や味噌・しょうゆ・パンなどの発酵食品を作ります。

天然酵母は、体の外に食物繊維などからできている厚い壁と層を持っていて、熱や酸に強いのが特徴です。そのため、お湯を加えても、たくさんの酵素を持ったままあるいは酵素を作りながら、体のなかに届きます。また、酵母が発酵して発酵食品をつくるのと同じように、天然酵母は腸の中でも食べた物を発酵させる働きがあります。

酵母は酵素の入っている入れ物。酵素を壊さずに摂取するために、酵母を摂取するのです。酵素と酵母の違い、お分かりいただけましたでしょうか。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。