酵素ジュースを効率的に飲む方法

スーパーやネット通販で、「酵素ドリンク」が売られるようになりました。瓶に入った酵素ドリンクを、見る機会も増えたのではないでしょうか。

酵素は身体で行われている消化や代謝に欠かせない物質です。

食べたものは胃や腸で消化されますが、これには消化酵素が関わっています。酵素は数千種類以上あるといわれ、すべてに役割が決まっています。食べたものをエネルギーに変えたり、呼吸をしたり、老廃物を排出したりなど、酵素の力がないと出来ません。

しかし、体内の酵素には限りがあります。現代人は、ストレスの多い生活で腸に負担がかかり大量の酵素を使っているため、酵素が不足しがちになっています。新しい酵素を取り入れ、体内のストックを補う必要があります。

実は酵素は、日本で認知されだして実はまだ10年にもなりません。すでに酵素を摂取することでダイエット以外にも思わぬ効果が得られた人がたくさんいらっしゃいます。

健康的な毎日を送るため、朝一杯のジュース習慣をできるだけ長く続けるようにして下さい。

酵素ジュースの作り方・飲み方のポイント

まず、朝に飲むことが大事です。朝は排泄の時間であり、酵素の力で消化を助け、排泄の助けをしてくれます。

また、果糖を多く含む果物のジュースを飲むと、脳の働きを助けます

胃が空の状態で飲むことも大事です。先に食べ物が入っていると、消化の妨げになってしまいます。

ジュースを作る際は、生の野菜や果物を皮ごと使いましょう。皮ごと飲むことで、皮つきよりも、より多くの酵素をとることができます。よく流水で洗ってからミキサーにいれましょう。また、酵素は加熱すると壊れてしまうので、生の野菜や果物を使う事も大事ですね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。