酵素摂取に適した食べ方

酵素は食前や食間等の、吸収等が行われやすい空腹時に摂るのが効果的です。

つまり食べる順番がカギになるということ。食事の最初は酵素を含むものから食べるようにしてみましょう。

食物酵素は、食事の消化のお手伝いをしてくれるのですが、特に植物性のもの(野菜・フルーツ等)は、主に胃の上部で働きます。炭水化物やたんぱく質、脂質などが胃に入ってきた時に、まずは胃の上部で、植物性由来の酵素が予備消化をするのです。

しかし、最初にごはんや油ものなどを食べて、予備消化が十分に行われないと、体内で作られる酵素(潜在酵素)を、食事の消化に多く使うことになってしまい、代謝酵素が減ってしまいます。老化にもつながるのです。

つまり、同じ定食を食べたとしても、最初にサラダなどで酵素を摂るか、いきなりお肉・ご飯を食べるかで、体内の働き方が変わってくるということです。

日常から酵素ライフの工夫を♪

繰り返しますが、酵素を効率良く取り入れるためには、食べる順番がカギです。

食事の際は、まず酵素から食べましょう。例えば、ランチの定食はサラダやフルーツから。また、焼肉屋ではまずはキムチや野菜をちゃんと食べること。

会社でのお弁当は、バナナなどを持って行き、それを最初に食べましょう。

ちょっとした工夫で、酵素がちゃんと体で活用されるようになり、ヘルシーでキレイな身体になっていきます♪

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。