食べる順番で血糖値が下がる!?

食事は、野菜から始めて、たんぱく質を摂り、そして炭水化物という順番で食べるといいと言われてます。

例えば、ランチにトンカツ定食を頼んだとします。この時に、最初にトンカツとご飯を食べるのではなく、まず付け合せの千切りキャベツを食べます。漬物がついてたら、それからでも良いでしょう。その次にトンカツや味噌汁、最後にご飯という順番になります。

なぜ、この順番の食べ方が良いのか?

一般的に言われているのが、糖尿病予備軍の方に推奨されています。
日本人の糖尿病(2型)に多いのが、食事を始めてから、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの出方が遅いために、血糖値が上昇し過ぎてしまうという点です。

インスリンは食べ物が体に入ると膵臓から分泌されますが、血糖値が低く繊維の多い野菜を先に食べて、遅れ気味ながらもインスリンが分泌されてから、血糖値が上昇しやすい炭水化物を最後に食べることで、血液中の血糖値の上がりを抑えるという事です。野菜を食べ始めてから炭水化物にたどり着くまでの時間は10分以上。早食いせずに、よく噛んで食べると、意外と10分経ってしまうものです。

さらに、「酵素の無駄遣いをしない」という点でも、この順番の食べ方は役立ちます。

生の食材が持つ食物酵素が、後から体に入ってくる動物性食品の消化に効果的に働きかけます。生フルーツ、生野菜から食べ始めて、たんぱく質、炭水化物の順番です。

おかずとご飯を一緒に食べたい!とも思いますが、たまにはこんな順番で食べてみるのもオススメです。特に糖尿病予備軍の方は、この食べ方だけで、HbA1cという数値が下がったりしますから試してみてください!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。