過去の記事一覧

  1. ケイ素

    ケイ素とミトコンドリア

    ミトコンドリアは生命活動の源で、エネルギーを作り出すミクロの発電所です。人間の細胞は約60兆個といわれていますが、その一つ一つに、少ないもので100個、…

  2. ファスティング

    悲しみを乗り越えて

    3日間ファスティングの2日目、非常に顔色が悪く、頭痛と吐き気がするとのことで、当日予定されていたプログラムに参加できず、ずっと横になられた方がいらっしゃいました…

  3. ファスティング

    腸の汚れが病気の出発点!?

    イギリスの外科医アーバスノット・レイン博士は、長い歳月を費やして腸の様々な障害について研究した方です。腸の手術を受けて回復期にある患者たちの中に、手術と…

  4. ミネラルについて

    ヒューミックシェールのキレート作用2

    前回の内容で、キレート作用には硫黄が重要な役割をしていることが分かったと思います。このキレート作用のメカニズムは、重金属をはさんでくれるだけではないので…

  5. ミネラルについて

    ヒューミックシェールのキレート作用

    人間にとって最良のデトックス作用は、排便と発汗です。あと、吐く息にもその作用があるとも言われています。その中でも特に排便はとても重要です。食べ物と共に取り込んだ…

  6. ケイ素

    ケイ素と血管

    ケイ素が重要な材料になっている人体の臓器として、何より重要なのは血管です。太い動脈から細い毛細血管まで、全身に張り巡らされた血管網は、身体中の細胞一つ一…

  7. ケイ素

    コラーゲンを食べても意味がない

    ご存知の方もいらっしゃると思いますが、コラーゲンは、食べると消化のプロセスでいったんアミノ酸に分解されてしまいます。コラーゲンは、グリシン、プロリン、ヒ…

  8. ミネラルについて

    植物がミネラルを吸収する方法2

    前回に続くもう一つの方法です。植物は根から直接有機酸などを出して、岩石や土中のミネラルを溶かす(イオン化する)のです。極端な例では、根から出る物質で岩石…

  9. ミネラルについて

    植物がミネラルを吸収する方法

    微生物との共存大地の岩石や土に含まれているミネラルは、金属分子のままでであったり、結合の強い化合物のままだったりで存在していて、そう簡単には水に溶け出さ…

  10. ケイ素

    骨にはカルシウムよりケイ素?

    ケイ素は、全身のあらゆる組織、臓器に存在し、細胞を構成しています。このケイ素が最初に注目されたのは、どこだと思いますか?それは、骨なんです。骨のケイ素は早くから…

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP