TRE®は神経状態を整える。

先日、TRE®を受けたクライアントの方が、数週間の経過報告をしてくださいました。

そのクライアントは、「TRE®をやるとどうもいろいろなことのやる気がなくなり、変な感じなんです。」とおっしゃいました。その方は、四六時中交感神経優位で生きてきた方です。そのため、体もボロボロでした。

TRE®は、交感神経優位の状態から副交感神経優位の状態へ移行していきます。副交感神経優位というのはリラックスしている状態ですね。そこからストレスが加わるとそれに対応するべく交感神経優位となっていきます。このクライアントは、長年ずっと交感神経優位状態で生きてこられたので、リラックスした状態を忘れてしまっているのです。TRE®をやることにより、神経状態が副交感神経優位に近ずいたおかげで、今まで感じたことのない状態になったのです。それはリラックス状態に近ずいているのですが、本人には違和感として感じているのです。笑

それも、コツコツTRE®を続けていくことで感覚も逆転して、リラックス状態をちゃんとリラックスした状態と感じていけるようになっていきます。

これはかなり極端なケースですが、こういう方でもTRE®はパワフルに神経状態へアプローチできるのです。そしてさらに面白いことに、このクライアントの神経状態が変わってきたことにより、問題児だった息子さんに変化が起き始めているのです。

そういうことが起きてくるんです。

このストレス社会で生活していく上で、交感神経優位にならざるおえません。しかしこの状態のままで生きていくと、いつかあなたは壊れてしまうでしょう。”自分の身は自分で守る”ではないですが、自分の神経状態は自分でコントロールすることができということを知っておいてください。

TRE®を身に付けることで、その日のストレスを洗い流し、副交感神経優位な状態で睡眠に入る。これをやることであなたが得られるものは計り知れないでしょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。